トップ > コラムトップ > 基本10惑星 >

冥王星は極限状態を意味する惑星

〜基本10惑星 その10〜
冥王星

〜西洋占星術における冥王星の意味〜

冥王星

冥王星は、破壊と再生を司る惑星です。

それは周囲の状況など関係無く不可抗力的に働いて物事を根本から変えてしまう変化をもたらします。また物事の極限状態や死と再生に関係しているため、最高か最低のいずれかの極端な結果を生むでしょう。

例えば、政治的権力が働き巨万の富を築く事もあれば、
逆にすべてを失うことも考えられます。

またいざと言う時に火事場の馬鹿時からを発揮することも。
いずれにせよ冥王星の意志は強制的かつ徹底的に働くところが特徴です。

冥王星は通常は電源がOFFの状態ですが、ひとたび起動すると個人の人生を根本から変えてしまう変化をもたらすのです。

個人のホロスコープにおいて冥王星のあるハウスはしばしば重要な意味を持ちます。

基本データ

  • 公転周期:約248年
  • 年齢域:100年〜死語の領域
  • 人物:権力者、先祖

 

キーワード

破壊と再生、始めと終わり、究極、底力、絶対性、絶対権力、極限、強制的変化

メモ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする