トップ > コラムトップ > 基本12星座 >

牡羊座サインは占星術では、白羊宮とも呼ばれる

〜基本12星座 その2
牡牛座

〜牡牛座(金牛宮)について〜

牡牛座

 

安定した感性と富を司る星座です

牡牛座は黄道12宮の2番目の星座で、 牡羊座でスタートした生命が肉体を持ちます。
手で触れて心地よさを感じる、舌で味わい美味しさを感じるなどの五感が発達していきます。
心地よさと物質的な豊かさに関係しています。

牡牛座はスピードはありませんが、人生をじっくりかみしめ味わうことができます。

この星座の性質が強い人は慎重で熱しにくく冷めにくい性質を持ちます。
早さよりも着実さを求めて物事を急がずじっくり進めて行きます。

牡牛座は、形あるものに価値を置くという、物へのこだわりや所有欲の強さが特徴です。
また一度こうと決めたら動かない頑固さを持っており、良く捉えれば安定感があります。

おうし座と10天体の関係

ホロスコープのおうし座に、惑星が位置しているとき、どんな意味を持つか?どんな特徴を持つ人になるか?

おうし座×太陽

のんびりと穏やかな性格。将来の安定・安心のために堅実に足元の土台を固めようとする。五感が鋭く、ライフスタイルにこだわりを持ち、居心地のよい空間を作り出すことが得意。目標や夢のために地道に努力することをいとわない。ギブアンドテイクを重んじる。クリエイティブな活動に携わる人が多い。

おうし座×月

子どものころから温和な性格で、人と争うことを極力避けようとする。基本的におとなしく辛抱強い。芸術的感覚が鋭い。五感を満たすもの・物質的なものへのこだわりが強い。男女ともに結婚への願望・あこがれが強い。変化・改革を望むよりも安心・安全を大切にするため、平凡さや現状維持を選びやすい。

おうし座×水星

相手に圧迫感を与えない、ゆったりとした話しぶり。穏やかな中にも芯の強さを感じさせる雰囲気の持ち主。社交上の礼儀・マナーをしっかりわきまえている。仕事・勉強の仕方はスローだが確実な方法で上達する。商才があり確実に利益を生み出そうとする。おしゃべりとは無縁なので人から信頼されやすい。

おうし座×金星

五感を満たすもの・美しいものが大好きで、手に入れるためなら出費を惜しまない。ただし金銭感覚に優れているので貯蓄も熱心。一度気に入ったものは、飽きることなくこよなく愛す。クリエイティブな才能の持ち主。あらゆる意味・分野でセンスが高く、それがまた人を惹きつける魅力となっている。

おうし座×火星

自分の安全や安心・領域が侵されそうな時には全力で反撃しようとする。ただし自分から積極的に攻撃をするようなことはしない。健康に恵まれており、多少ハードなことでもこなしてしまう。この世において「価値があるとされるもの」への関心が高く、手に入れるためなら人一倍努力する。

おうし座×木星

コツコツと時間をかけて真面目に取り組む。自分のために家族を犠牲にするようなことはしない。家族や親戚づきあいを大切にする。ライフスタイルに関わる仕事や、話す・歌うといった口に関する仕事に縁がある。美しい・楽しいと感じるもの・価値のあるものが心を豊かにすることを誰よりも知っている。

おうし座×土星

すばらしい集中力の持ち主であり、周囲を見渡せるような心の余裕があれば成功はより確実なものに。自分のライフスタイルや価値観を大切にしている。お金に関するコンプレックス(所得が少ないなど)を解消しようと前向きに努力すると、人生がよりよい方向に動き出す。1つの事にこだわりすぎないことが開運につながる。

おうし座×天王星

トラブルや障害が発生しないように事前の対策をとることが成功につながる。まとまったお金をしっかり管理するためにも慢心や油断しないことが重要。投資や不動産に関心が高く、運用でまとまった利益を手にすることがある。夢や理想をむやみに追いかけるよりも、現実に即した将来設計をする。

おうし座×海王星

幼少のころからクリエイティブな才能を発揮する。芸術的センスを仕事・ビジネスに活かして収益につなげる才能がある。盲信しやすい一面を自覚して人の忠告に耳を傾けるようにすると、詐欺や犯罪に巻き込まれる確率が減る。食べることに関心が高く、精神面の好不調で食事量が変化しやすい。

おうし座×冥王星

目的の有無にかかわらず、何かを所有したいという気持ちがいつも心のどこかにある。ただし欲しいものを手に入れたとたんに関心が薄くなってしまう傾向もある。無性に何かが欲しいと感じる時には、手段を選ばない傾向もあるので注意すること。親・兄弟姉妹や親戚とは良好な関係が築ける。

基本データ

  • 二区分:女性宮
  • 三区分:不動宮
  • 四元素:地(土)のエレメント
  • 支配星:金星

職業

イラストレーター、芸術家、画家、化粧品、ネイリスト、アクセサリー関係、忍耐力を必要とする職種

メモ

牡牛座のイメージって簡単なようで難しいです。

支配星が金星であることから、感性が関わってくる星座なのですが蟹座やさそり座、魚座も感性が関わっているので区別がつきづらいのです。

牡牛座は、”感性の星座”というというより”感覚の星座”と言った方がしっくり来ます。

綺麗、心地よい、美味しい・・etc そういった肉体を通して感じられる自分自身の感覚を表しているというのがポイントとなります。

牡牛座は肉体を持っているのです。 肉体? それは一体どういうこと?

このイメージを湧きやすくするために、戦後の日本を例に考えてみる事にしましょう。

戦争で負けた当初、日本人は食べ物や着るものも満足にありませんでした。

生きる事に必死で、食べ物の美味しさや布団の寝心地の良さ、衣服のセンスなどにこだわる余裕はもちろんありません。

そうした事は、生きるのに必要な最低限の要素「衣・食・住」が揃って初めてを考えることができるのです。

この”衣食住が揃っている状態”というのが、牡牛座の肉体という意味です。

美味しい物が食べたいとか、綺麗な服を着たいという心が芽生えてくるのです。

牡牛座はあくまでも自分自身にのみ関心があります。

他人に対しての愛や思いやる心が芽生えるのは蟹座です。

星座チェッカー

ホロスコープを読めなくてもOK!あなたのホロスコープの10つの天体のハウスを無料で調べることが出来ます

【星座チェッカー】あなたのホロスコープの10天体の星座(サイン)をチェック♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする