トップ > コラムトップ > 基本12星座 >

蟹座サインは占星術では、巨蟹宮とも呼ばれる

〜基本12星座 その4
蟹座

〜蟹座(巨蟹宮)について〜

蟹座

 

蟹座は、感情を司る星座です。

双子座が知性を支配する星座であれば、蟹座は感性を支配する星座と言えるでしょう。

自分と相手との心の結びつきを大切にし、思った事や感じた事を仲間と共有することを好みます。同じ価値観を共有する人と仲間になり、協調性や情緒性を学んでいくのです。

一方、蟹座は身内にはとても親切で何かあれば手助けをする心があります。
しかし外部の人間に対しては冷徹になるのが特徴です。

敵か見方かをはっきりと区別し、自分達と価値観の異なる相手に対しては排他的になるのです。それは蟹の固い甲羅が内側を守っている様子に似ています。

蟹座の性質が強く出た場合、大切な人を保護したいという防衛本能が強くなります。

それは大切な人を保護するために必要なものです。

基本データ

  • 二区分:女性宮
  • 三区分:活動宮
  • 四元素:水のエレメント
  • 支配星:月

職業

家庭に関する事、日用品、レストラン、デパート、家政婦、介護

メモ1

蟹座の象意が強い人は、丸くて優しい印象を受けることが多いです。
男女共にやや小柄でかわいらしい雰囲気を醸し出すことも。

しかし蟹座は活動宮の星座。自ら行動したり状況をコントロールしたいという欲求があります。一見すると優しそうで受け身に見えますが、活動的な一面もあるのです。

少し変な例えですが・・
『進撃の巨人』という漫画があります。

その中に出てくる"アルミン"というキャラクターは蟹座的な人物だなと感じました。
アルミンはいじめられッ子で、弱々しい印象を受けるのですが、調査兵団という巨人と戦う兵士に志願し、持ち前の知性を生かし人類という大きな家族を守るため巨人達に挑んで行きます。
その様子はまるで、神話でヘラクレスに果敢に挑んだ蟹のようでもあります。ただその蟹がどうなったのかは・・・ 

主人公のエレンの方は同じ活動宮でも牡羊座的だなと感じます。 漫画や小説を読んでこのキャラは何座的だなと考えるのも面白いですね。

メモ2

双子座では他者と競争するという意識が強いですが、蟹座では他者と”協調する”ということを覚えます。 新学期を例に出しますと、入学後にある程度たつと仲の良い友達のグループが出来始めますね。 
(ちなみにわたくしYodaは学校ではこの段階で既に完全に孤立していました)

蟹座では集団の中でサバイバルする一個人としてでなはなく、グループの一員として行動することにより社会性を育成すると同時に蟹座の要である”情感”を育成していきます。

他人と心を通じ合わせる。そういったことをおぼえていく段階なのですね。

もう一つ蟹座の特徴は、自分達と異なる価値観を持つ人間に対して冷たいということです  

いたな・・こういう人達・・ ぼっちの私からすれば気持ちのよいものでは無いですけれど。

内側から見れば暖かいけど外側から見たら冷たい。 まるで蟹が固い甲羅に覆われているようなイメージですね。

蟹座がこのように、外部者に対して排他的になる理由は色々あります。

一つは、自分が安心できる場所に居たいという生物の持つ自己保存本能から来ています。 周囲の人間達と価値観を同じくして同化していれば、一匹狼でいるよりも安全が確保されるからです。 そういった意味ではちょっと依存心のある星座でもありますね。

蟹座が司るグループってどの程度の規模のものなのでしょうか?

家族もそうですし、仲の良いグループもそうです。宗教や国家など大きなものも表します。

身近な集団とは限らないので注意してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする