トップ > コラムトップ > 基本12星座 >

獅子座サインは占星術では、獅子宮とも呼ばれる

〜基本12星座 その5
獅子座

〜獅子座(獅子宮)について〜

獅子座

 

獅子座は、外部に対して自己を表現する星座です。

蟹座では仲間と価値観を同じにして集団に溶け込もうとしましたが、獅子座では自分の価値観や個性を発揮したいと願います。

獅子座はしばしばクリエイティブな気持ちを表しており、創作活動や演出などを暗示します。

作品などを通して他者に認めらることに喜びを感じるのです。
そのため派手な演出などを好み、目立つ事が好きなのが特徴です。

遊びやレジャーなどもこの星座の管轄です。
獅子座は支配星が太陽なので、受け身ではなく自らが主体的に輝こうとします。

仕事も遊びも子供心を忘れずに自らが楽しむ事こそが周囲を魅了するのです。
天性のスター気質とも言えるでしょう。

基本データ

  • 二区分:男性宮
  • 三区分:不動宮
  • 四元素:火のエレメント
  • 支配星:太陽

職業

アトラクション、イベント関係、演出家、俳優、創作、芸能人、レジャー関係

メモ

蟹座では家族や集団に所属して横一列みんな肩を並べていましたが、獅子座では自立心が芽生えます。 

ホロスコープの基本10天体のうち、太陽は社会で活動する時に顔を表しました。

獅子座の支配性は太陽ですので、自分という存在を社会に打ち出すためのエネルギーを鍛える場所と言えるかもしれません。

時期でいうと思春期。画家になりたいとかスポーツ選手になりたいとか、様々な夢を持って情熱を傾ける時期です。 そうした活動は将来、自分の人生を自分で作り上げて行く基盤となるのです。

この星座の影響が強いと、他人と同じでは嫌で個性的でありたいという気持ちが強く出ます。

獅子と言えばハイパーメディアクリエーターにして住所不定職業不明の高城剛さんが思い浮かびます。
彼は8月18日(ハイパーの日)生まれの太陽は獅子座です。

DJをやったり沖縄に風力発電書を作ったり・・あのハイパーな創造力やエネルギーはやっぱり獅子座だからでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする