トップ >

ハーモニックのホロスコープを無料作成♪

[ ハーモニック数:5 ]

2021/04/18
21:31 (UTC+09:00)
E 139°46'
N 35°40'
アディ調波
HN = 5
2021/04/18
21:31 (UTC+09:00)
E 139°46'
N 35°40'
アディ調波
HN = 5

太陽のアイコン [ アスペクト表 ]
月のアイコン
0
(3.1)
水星のアイコン
金星のアイコン
60
(2.2)
60
(5.4)
火星のアイコン
60
(0.7)
120
(2.8)
木星のアイコン
土星のアイコン
60
(3.5)
60
(0.4)
120
(5)
天王星のアイコン
180
(3.3)
180
(0.2)
120
(5.2)
120
(0.2)
海王星のアイコン
90
(1.4)
90
(6)
冥王星のアイコン
  • 生まれた時間

    年 
    月 
    時 
     

    ※日本なら時差はそのまま♪

    時差:
  • 生まれた場所

     

     

ハーモニック数 :
  • ※出生データを保存

 



※ハーモニック数の横の緑の枠に数字を入れホロスコープを作成ボタンを押せば、その数字のハーモニック図が作成されます。
※オーブは±6度で設定されています。アスペクト表の()内の数値は誤差です。0に近いほどアスペクトがタイトだという事になります。
※ハーモニック数を1にするとネイタルチャートになります。

【ハーモニクス占星術入門】

ハーモニクス占星術は、「調波占星術」「倍音の占星術」「可能性の占星術」などと呼ばれます。

音楽で "倍音(ばいおん)" という言葉があるのをご存知かもしれません。

例えば、ギターなどの弦楽器では、弦の1/2のところを押さえると2倍の周波数の音が、1/3のところを押さえると3倍の周波数の音が鳴ります。 ハーモニクス占星術の原理はこれに似ています。

ハーモニクス占星術イラスト1

出生時のホロスコープの天体の位置を2倍や3倍・・に増幅していくことで、ネイタルチャートには表れていない「魂の異質」や「可能性の芽」、「あなたのどんな可能性の芽がいつ発芽するのか?」を読み取ることができるのです。

いわば、あなたという人間が、人生を通してどんなハーモニーを奏でていくのか? 
それを読み取るのが、ハーモニクス占星術というわけです。

出生時のホロコープは、あなたという人間の元となるもの。
いわば植物の種(たね)ですね。
そしてハーモニクスのホロスコープは、その種が、いつ発芽し、どのように育つのか?を読み取るためのチャートです。

ハーモニクス占星術イラスト2〜植物の種の発芽と成長〜

【ハーモニクス占星術の数字について】

ハーモニック数(Harmonics Number)を略してHNと書きます。
(HN=1 は通常のホロスコープです)

ハーモニック数は「調波数」とも呼ばれます。

さて、このハーモニック数には、それぞれ意味があります。
例えば「HN=2」は目的意識、「HN=3」は創造や楽しみ、「HN=4」は秩序や論理的思考・・といった具合です。

HN=1 : ネイタルチャート
HN=2 : 目的意識
HN=3 : 創造や楽しみ
HN=4 : 困難を克服する力、秩序や論理的思考
HN=5 : 本能的欲求、自分らしさ
HN=6 : 環境適応能力
HN=7 : 夢や理想、芸術
HN=8 : リーダーシップ
HN=9 : 本質、スピリチュアリティ、人生の最終目標



またハーモニック数は、その数字の満年齢のときに起こる出来事や行為、衝動などが現れます。
例えばHN=35のチャートからはその人が35歳の時に起こる人生のイベントが読み取れるのです。

【発芽について】

ハーモニクス占星術では、合(コンジャンクション)のアスペクトを「可能性の発芽」や「能力の結実」と考えます。

例えば、10歳のときのホロスコープ(HN=10)に、180度のアスペクトを持つ天体があるならば、20歳のとき(HN=20)のときに合となり、発芽します。そして発芽した力は、その後の人生においても影響し続けます。

発芽する能力は、天体同士の組み合わせと、ハーモニック数(調波数)が表す時期や意味によって変化します。

ハーモニック数5の時に、月と火星が発芽する(0度コンジャンクションとなる)場合は、その人の「本能的欲求」として強い "競争心"を秘めることになるでしょう。
ハーモニック数7の時に、水星と金星が発芽する場合は「芸術的才能」として、言語やアートなどの分野で洗練された表現能力を授かる可能性があります。

自分自身のホロスコープのハーモニック数(調波数)をいろいろと変えてみて、どんな天体同士がどの数で発芽するか?チェックしてみると何か気づきが得られるかもしれません。

 

 

タロットではホ口スコーブスプレッドという展開方法があります。
これは1〜12月と鍵となる中心部の合計13枚のカードを使い1年を占う方法です