トップ > 診断一覧 > 診断 >

獅子座の月は創作系の趣味を持つと良い

あなたの月は「獅子座」に位置しています

あなたの月は獅子座に位置しています。

月が獅子座にあると、他人に認められたいという欲求が強くなります。

獅子座は自己表現の星座。その支配星は太陽です。
作品などを通じて自分を表現している時が、真に自分らしくあれる瞬間なのです。

習い事や創作系の趣味があるならば、恥ずかしがらずそれらを発表する場を作ってみましょう。
人々から認められ賞賛されると、心の充足感と次への原動力を得る事ができるでしょう。

でも行き過ぎて自信過剰や傲慢にならないように注意!

いきなり人前に出るのはちょっと・・というシャイな人の場合は、
子供心を思い出して無邪気に遊べる時間を持ちましょう。

画用紙に絵を描いてみたり、楽器を弾いてみたり。公園を散歩して写真を撮ったり。
そんな小さなことが、少しづつあなたの気持ちを軽くするきっかけになるのです。

あなたが自分の月を上手に使えているとき

「天才的なエンターテイナー」
  • 子どものような純粋な心の持ち主。大人になっても子どものような遊び心を失わない
  • 何事も遊び・ゲーム感覚で楽しくこなしてしまう
  • いつも周囲の人々を明るく笑顔にする。アイディア・ひらめきの宝庫
「生粋のロマンチスト」
  • ドラマチックな表現や、ロマンチックな気分を好む
  • 聞き手を自分の世界に取り込むような魅力的なキャラクター
  • さっぱりした性格で、細かいことにいちいちこだわらない
「強力なカリスマ性」
  • 多くの人から注目され、それがモチベーションの向上や原動力となる
  • 人の集まるところでは自然とリーダーや取りまとめ役であることが多い
  • 華やかなオーラを放ち、人に対する強い影響力を持っている

あなたが自分の月を使えていないとき

「かまってちゃんになる」
  • 人の関心を引くためにおおげさな行動をとる。
  • 子どもっぽいと批判されて落ち込むことがある
  • ネガティブな感情を見せることに抵抗感があるため、自分を追い詰めてしまう
「見栄っ張りになる」
  • 実際よりも誇張して自分を大きく見せようとしてしまう
  • リアクションがオーバー過ぎて、人が離れていってしまうことも
  • プライドが邪魔をして素直に自分の感情を表現することができず、一人で苦悩してしまう
「ワンマンプレーで孤立する」
  • 自分の意見をアピールするあまり、押しつけがましくなる
  • 注目されていないと自信を失ったり、攻撃的になる。不要な敵・ライバルを増やしやすい
  • 周囲の評判=自分の価値だと取り違えてしまう

あなたにオススメの自分を癒す方法はコレ!

「自己表現を楽しもう」
  • 人を気にせず、あなたが気に入ったものを楽しむべし♪
  • 興味をもったこと・気になることには積極的に関わりましょう。創作系の趣味をもつとGOOD♪
  • あなたが喜びに満たされることで、周囲の人々にも明るいポジティブなパワーを与えていることを自覚しよう
「マイナスな自分は、隠さなくてOK」
  • 苦しい時でも心の内を話せる人を作ろう
  • 見栄や虚勢を張らない。素の自分のままで堂々としていることが自信につながるのです♪
  • ドラマチックな表現はプラスになるように使おう♪
  • 自分から離れていく人を無理に引き止めない。残ってくれる人を大切にすることが開運につながります
「どんどん人を褒めよう」
  • 自分からどんどん人を褒めるとGOOD。「縁の下の力持ち」的な存在の人に感謝することも忘れずに
  • ときには自分が注目されるよりも、他人にスポットライトが当たるように配慮する
  • 周囲が何を求めているのかに意識を向け、求めるものを与えてあげよう♪

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする

いかがでしたか? テレビや雑誌で目にする星占いは、
生まれた時の”太陽がどの星座にあったか”を見る「太陽星座占い」。

 

一方、この診断はあなたの”がどの星座にあったのか”を知る「月星座占い」です。占星術において、太陽は表向きの自分を表し、月は素の自分を表すと言われています。

 

人というのは表面だけを見ても分からないものです。 

大雑把に見えるけど実は繊細で涙もろかったり、口数が少なく大人しいけど実はチャレンジ精神旺盛だったり・・・月からはこの「実は〜」の部分を見ることが出来るのです。

 

当診断結果で、思い当たるフシがあったでしょうか。全然違えーよ!と思ったでしょうか。いずれにせよ、自分を少し違った視点で見つめ直すきっかけになれば幸いです。

 

※ 本格的な西洋占星術では、月の位置だけでなくその他全ての天体とアスペクトなどからも鑑定されます。当診断の鑑定結果は参考程度にお読みください。