トップ > 診断一覧 > 診断 >

火星域の恋愛や仕事を、西洋占星術で占う

あなたの火星は「水瓶座」に位置しています

あなたのホロスコープの火星は、みずがめ座に位置しています。
そのため35歳以降は、みずがめ座の自由常識に囚われないという象意が強く現れてきます。

「しがらみからの解放」

20代は社会に順応していたあなた。 しかし30半ば以降は "自由であること" を望みます。「自分の好きなことをしたい」という気持ちや「人やもの(常識・ルールなど)に束縛されたくない」という気持ちが高まる。理不尽なしがらみからは解放されていくでしょう。

「つよい個性を発揮する」

あなたの個性を、より強く発揮し始めます。そのため目立つ存在になりますが、その一方で "常識外れ" に思われてしまう可能性も。
状況や空気を読んで、付き合う人や環境に合わせることを、心の片隅に意識しておくと良い。


【35歳からの恋愛アドバイス】


「広い視野でパートナーを探そう」

パートナーは年齢や職業、国籍にとらわれず、幅広い視点で探すと良い。
精神的・経済的にも自立した人であれば関係は長続きしやすい。理想の恋人を探す手段としては、インターネットに縁がある。ただし、相手の素性をよく確認してから実際に会うようにすること。運命の相手は、きっとこれまで付き合ったことのないタイプでしょう。

「話し合いで絆を深めよう」

火星みずがめ座のあなたは、絆を深めるのがちょっぴり苦手かも。
相手とのすれ違い・誤解があってもそのまま放置してしまうことで、関係が疎遠になってしまうことも少なくありません。でも相手が納得できるまで話し合いを持つなどすれば関係改善は可能です。早い段階であきらめないことが肝心。

「マンネリしたら非日常を取り入れる」

会話が少なくなるなど、恋人・パートナーとの関係がマンネリ化し始めたら、親しい人々を巻き込んで新しい風を吹き込むこと。親しい夫婦・家族ぐるみでのお付き合い国内外問わず旅行を楽しむのも関係改善に役立つ。


【35歳からの仕事アドバイス】

 
「まずは副業としてチャレンジ」

自分の個性が活きるような仕事に出会いやすい時でもあり、転職のチャンスにも恵まれやすい。「自由な環境で仕事がしたい!」と考えるようになるが、いきなり独立するのは危険。まずは副業やサイドビジネスとして開始するとリスクも少ない。

「管理職ポストは性に合わない」

組織の歯車として仕事をすることにストレスや違和感を覚えやすい時。年齢的に管理職ポストを得やすいが、性に合わないと感じやすいため、退職や転職を考えるようになるかも。ストレスから逃れるための退職・転職も時には必要だが、転職は慎重に。

「ITや外国語を学ぶと吉」

転職を考えているなら、最先端のテクロノジーを扱う業界が適している。自営業でもITの知識はおおいに役立ちます。また得意とする外国語があったり、国際感覚を持っているなら、海外勤務や外資系企業もオススメ。ただし、規則やルールにがんじがらめの職場や自由度の低い職場はストレスを溜めやすいので避けた方が無難。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする

※1 当診断結果は、太陽星座が水瓶座の人という意味ではなく、"水瓶座的"な人 という意味で使用しています。例えば、太陽星座が水瓶座でなくてもホロスコープの天体の配置によって水瓶座の影響が強く出ていれば、その人は水瓶座的な人となるでしょう。

 

※2 本格的な西洋占星術では、火星の位置だけでなくその他全ての天体とアスペクトなどから鑑定されます。当診断の鑑定結果は参考程度にお読みください。