トップ > 診断一覧 > 診断 >

火星域の恋愛や仕事を、西洋占星術で占う

あなたの火星は「魚座」に位置しています

あなたのホロスコープの火星は、うお座に位置しています。
そのため35歳以降は、うお座のスピリチュアル豊かな想像力といった象意が強く現れてきます。

「精神世界への目覚め」

物質的な物よりも内面的な充実感を求めるようになり、スピリチュアルや自己啓発に没頭しやすくなる。
想像力が豊かになるため、オリジナルの世界観を表現するような仕事を始めることも。

「セルフヒーリングの術を身につけよう」

疲労やストレスを感じたら、どんなことでもできるだけ即断即決は避けて。まずは、ストレス解消や気分転換を行って、正しい判断ができる状態を取り戻すこと。中でも「水」に関わる場所(海・湖などの水辺や温泉など)で癒されやすい。


【35歳からの恋愛アドバイス】


「ロマンスと実生活のバランスをとる」

経済力といった物質的な部分よりも内面的な部分に重きを置くようになり、恋人・結婚相手にもそれが現れる。ロマンチックなムードに流されやすいが、相手選びでチェックすべきポイントは必ずチェックしておくこと。
ロマンスを楽しみつつも、どこか地に足をつけておくことが大切です。
運命の相手は、丸顔で唇はちょっとだけ厚め、髪と瞳がキレイな人物でしょう。

「甘い誘惑には要注意」

あなたの色気も増して、無意識に異性を惹きつけます。
しかし恋人・パートナーがいる人であっても、強力なプッシュに負けてしまい、浮気や不倫に陥ってしまいがちなので要注意。強引な押しにも弱くなりがち。特にアルコールが絡んだお付き合いでは、そのリスクが高まるので気をつけること。

「愛情と同情を間違えないこと」

困っている人に手を差しのべることが多くなるが、その延長線上で恋に落ちることもある。相手からの頼み事ごとも何でも引き受けてしまいやすい時なので、中でもお金の貸し借りには要注意。相手の自立を促すようなサポートを心がけるとうまくいきやすい。


【35歳からの仕事アドバイス】

 
「クリエイターの才能が開花」

人に対する細やかな気配りができる時。献身的に誰かを世話することもいとわないので、転職を考えるなら、医療関係や介護・福祉関連の仕事に縁がある。また、想像力やアイディアが湧きおこりやすいので、クリエイティブな世界でも活躍しそうな予感。また占い師やカウンセラー、ヒーラーなどスピリチュアルな方面にも適正あり

「職場の環境は大切」

あなたにとって職場の環境はとても大切です。
海水魚を淡水で飼うと死んでしまうように、あなたに合わない水(職場)で泳ぐのはリスキーです。
自分が繊細でストレスに弱いことを忘れずに、仕事選びをしましょう。どんなに高額な報酬でも、厳しい目標やノルマが課されるような仕事は長続きしません。お金よりも「どれだけ自分が熱中できるか」を軸に選ぶと失敗も少ないです。

「仕事のストレスを上手に解消する」

仕事における時間やノルマに忙殺されていると、「ここではないどこか」へ飛び立っていきたい気持ちが高まりやすい。特にアルコールに逃げると依存症になるリスクあり。ストレスを上手に解消しつつ、自分をしっかりコントロールする術を身に付けておくことが重要。マインドフルネスや瞑想、セルフヒーリングを身につけておくと吉。

あなたのホロスコープを本格鑑定♪

あなたのホロスコープを、経験豊かな占星術師が本格的に鑑定します。
きっと自分自身への理解が深まり、あなたの運命は大きく向上するでしょう♪

 

Q. 恋愛や結婚について、さらに具体的に何が分かりますか?


紅蘭[こうらん]先生

恋愛や結婚を占う場合は「火星(求める相手)」と「金星(愛の傾向)」をベースに、
「5ハウス」「7ハウス」「DSC」まで考慮します。そして「相性」や「出会い」「結婚の時期」「二人の関係性を良くする方法」などを観ていきます。

Q. 紅蘭[こうらん]先生にとって、西洋占星術やホロスコープとは?


紅蘭[こうらん]先生

ホロスコープを読み解くことで、あなたの「性格」や「価値観」「深層心理」など ”人生の指針となるもの” などが分かります。
西洋占星術とは、そうした気づきから ”人生をより良い方向へ変えていくためのツール” なのです。

鑑定する時には、あなたが今置かれている運気の流れや、状況を観ながら、「いかにあなたの希望通りの展開を導けるか?」を考えます。また「過去の因果関係」や「カルマ」からも ”あなたの本質” を読み解いていきます。

さらには、あなたの精神状態や、現状を客観視できているか? 課題に落ち着いて取り組めるか? までも考慮しつつ、具体的なアドバイスをさせて頂きます。

10分間無料鑑定!➡️ 紅蘭[こうらん]先生にあなたのホロスコープを
鑑定してもらう>>

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする