トップ > 診断一覧 > 診断 >

火星域の恋愛や仕事を、西洋占星術で占う

あなたの火星は「さそり座」に位置しています

あなたのホロスコープの火星は、さそり座に位置しています。
35歳以降は、さそり座の集中力・探究心溢れんばかりの情感が強く現れてくるでしょう。

また、さそり座は "愛とセックス" や "死後の世界" など宇宙の深淵を覗くような星座ですので、あなたの30代半ば以降はかなりディープなものになるかもしれません・・

人生の大変革が起こる

特定の何かに集中して取り組むことができるようになるが、人によっては視野が狭くなっていくような気がすることも。これまで築き上げてきたものを惜しげもなく破壊し、一からやり直したいという気持ちも高まりやすい。
変化を恐れず前に進めば、明るい未来が待っている

人生の使命を見つける時期

恋愛でも仕事でも情熱を注げる対象がない場合には、ジェラシーや妬みといったマイナス感情に支配されやすくなることも。「自分は自分」と割り切って、他人の動向を気にせずにマイペースで過ごすことが大切。
なにか熱中できるものを見つけると開運します。あなたの人生の使命も、この時期に見つかるでしょう。


【35歳からの恋愛アドバイス】


「異性を魅了するパワーが開花」

あなたの中にある神秘的で官能的な魅力が開花します。30代後半から急にモテ始める人もいるでしょう。良縁を掴むには初めから心をオープンにするよりも、絶好のタイミングが来るまでは隠し通すこと。チャンスが来たら、さりげなく本心を見せて。ただ人を魅了するパワーが強いので、意中の人以外の人からも注目されることがあるので要注意。

「ディープな恋に気をつけて」

誰かに夢中になったらとことん追いかけるが、相手をしっかり見極めないと、気が付いたときには利用される・不倫関係になっていた…というケースも。夢中になっている時は道徳や倫理も揺らいでしまうので、冷静に相手をチェックすることが大切。不倫や浮気、三角関係などドロドロした恋にも陥りやすい時期だが、あなたの意志で回避することは可能。

「ときには執着を手放す」

復縁・復活愛が多いのも特徴。ただし、可能性が低いにも関わらず、いつまでも復縁・復活愛を願い続けてしまう可能性も。客観的に判断してその可能性が薄いなら、新しい恋や人生の目標を持つことに意識を向ける努力が必要。
ときには過去や執着を手放す勇気も必要になるでしょう。


【35歳からの仕事アドバイス】

 
「天職が見つかるとき」

仕事に対して熱意を持って取り組めるようになる。集中力が高まるので、少々難易度の高いこともタフにこなせるようになる。ただし、他人も自分・同じような能力・スキルがあると思わないこと。特にマネジメントする立場なら、個々の人の能力差を意識して。いずれにせよ仕事で大きく前進できるとき。好きなものにどんどんチャレンジしていくと天職やメンターに出会う

「マイペースでいられる職場が吉」

転職を考えている場合は、ノルマやプレッシャーのない穏やかな雰囲気の職場を選ぼう。友人・知人から紹介された仕事であれば好環境である可能性も高い。できるなら自分ひとりで黙々を作業できる仕事が理想。不特定多数の人間と接する仕事・チームワークが求められるような仕事は避けたい。

「ディープな世界が仕事になる!?」

さそり座の性質上、30代半ば以降は「生と死」「秘密」に関連した仕事で成功を収めやすい。例えば、葬儀屋・病院(ホスピス)や探偵や調査員など。中でも「死」にまつわる出来事に遭遇しやすく、それが仕事・ビジネス選びにも影響しやすい。占い師、カウンセラー、ヒーラー、アロマテラピスト、スピリチュアルな分野で活躍することも。マインドフルネスや座禅、瞑想などを覚えると良い。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達にメールする

※1 当診断結果は、太陽星座がさそり座の人という意味ではなく、"さそり座的"な人 という意味で使用しています。例えば、太陽星座がさそり座でなくてもホロスコープの天体の配置によってさそり座の影響が強く出ていれば、その人はさそり座的な人となるでしょう。

 

※2 本格的な西洋占星術では、火星の位置だけでなくその他全ての天体とアスペクトなどから鑑定されます。当診断の鑑定結果は参考程度にお読みください。